クリスチャンが政治にふける必要がある5つの理由

0
6681

政治は汚いゲームと広く見なされています。 したがって、それは不敬虔な者によって行われるゲームと見なされます。 非常に多くの教会や宗教指導者が、キリスト教徒が政治に参加することに対して説教してきました。 政治は汚れであるという信念があります。 それはそれが触れるものとそれに触れるすべてのものにへこみを残します。 そのため、クリスチャンは政治に近づかないように勧められています。

この主張には真実の原子があります。 結局のところ、の本 1テサロニケ5:22あらゆる形態の悪を慎みなさい。 しかし、聖書が ルカ19:13そこで彼は、しもべのうちの十人を呼び、十人のミナを彼らに渡し、彼らに言った、「わたしが来るまで商売をしなさい」。 聖書は、キリストが戻るまで私たちに責任を負わせるように命じました。 政治が大きな悪であると恐れて、私たち全員が政治を控えるなら、どうすればわが国のあらゆる状況に効果的に対処できるでしょうか。

これは論点先取です、クリスチャンが政治にふけるのは正しいですか? 政治が悪であり、私たちがそれから逃げるなら。 しかし、それでも国を統治する人々は政治にふける必要があります、それは私たちが不聖なものによって支配されるために私たちの国の事柄を去ることを意味しますか? これは、クリスチャンが政治にふけることが正しい理由を説明しています。 誤解を避けるために、キリスト教徒が政治にふけるべきである5つの理由を強調して説明します。


Ikechukwu牧師による新しい本。 
アマゾンで今利用可能

クリスチャンが政治にふける必要がある5つの理由

私たちは国の状態に責任があります

私たちは政治を控える一方で、私たちの国の事柄を不聖と呼ぶ人々の手に委ねます。 それなら、国が現在直面している荒廃した状況について泣いたり不平を言ったりしてはならず、国を襲った大惨事について嘆いてはなりません。 結局のところ、 箴言29:2義人が権威を握っているとき、人々は喜びます。 しかし、邪悪な男が支配するとき、人々はうめきます。

邪悪な者が権威を持っているとき、人々はうめきます。 それは、私たちの国がどんな壊滅的な状況に陥っても、私たちが責任を負うことを意味します。 私たちが政治に関与するにはあまりにも神聖または義であると感じるとき、私たちは常に非常に不聖で不義な人々によって提出または統治されることによって罰せられています。

イエスが戻るまで私たちが支配するように命じられたからです

ルカ19:13そこで彼は、しもべのうちの十人を呼び、十人のミナを彼らに渡し、彼らに言った、「わたしが来るまで商売をしなさい」。

すべての真のクリスチャンが積極的に政治に関与しなければならないもう一つの理由は、イエスが戻るまで私たちが占領すべきであると指示されたからです。 イエスは、私たちが二度目の帰国まで世界を管理することを望んでおられます。 彼は私たちが政権を握ることを望んでいます、私たちは世界の支配者でなければなりません。 これは、 クリスチャンとしての私たちにとって、それが不信者の手にあるときよりも安全です。

私たちがキリストの再臨まで占領するのであれば、私たちは積極的に政治に関与しなければなりません。 そうでなければ、私たちは神さえ知らない人々によって支配されるでしょう。 そして、これはキリスト・イエスの本来の命令を否定するでしょう。 私たちは支配されることを意図されていません、私たちは支配することになっています。 私たちは統治されるように作られているのではなく、国家の統治が私たちの責任であると考えられています。 しかし、私たちが完全に政治を控えれば、これは起こりません。

私たちは政治システムを消毒することになっているからです

政治システムに退廃があるとき、システム全体が飽和する必要があります。 私たちが政治システムを無害化するためには、私たちは完全に関与しなければなりません。 外からの退廃と戦うことはできないでしょう。 私たちがシステムの一部であるとき、前向きな変更を加えることはより簡単です。

しかし、私たちが政治からの完全な禁欲を説くとき、私たちはそれを間違った人々の手に委ねます、そしてこれはさらに退廃のレベルをより深くするでしょう。 義人はどのようにして国にいることができ、意思決定プロセスは不義者の唯一の義務になるのでしょうか。 神が権力の座に人を持たないとき、神の霊が機能するのは難しいです。 悪魔が権力の座にもっと代表を持っているので、今日世界中の人々の非常に多くの混乱、絶望、そして無意味な破壊があるのも不思議ではありません。

国は男性が執り成しをする必要があるからです

私たちが政府の一員であるとき、国に対する私たちの執り成しはより効果的になります。 私たちが政府の外にいるとき、私たちが常に政府に対して祈っているように感じるので、私たちが権威の地位に浸透するのは難しいです。 しかし、私たちが政府の一員である場合、執り成しははるかに簡単になります。

祈る人がいると、祈りに答える神がいます。 国は彼女に代わって介入する権力の地位にある男性と女性を必要としています。 クリスチャンとしての私たちの唯一の義務のXNUMXつは執り成しです。 これが、私たちが積極的に政治に関与しなければならない理由のXNUMXつです。 政府の一員であることは、私たちの執り成しにより多くの信憑性と力を与えます。

私たちは神の栄光を引き付けるからです 

真の信者として、私たちは彼の存在のキャリアです。 私たちは彼の栄光の具現化です。 神が政府の少数の人を通して表現を見つけることができれば、それは神の栄光が国で際立っていることを容易にします。 どうして国にたくさんの光の子供がいて、それでも闇が勝つことができるでしょうか?

どうして国は栄光の子供たちで満たされ、それでも国の栄光は薄暗くなるのでしょうか。 これは男性が自分の場所を知らないために起こります。 私たちが立って正当な立場をとった瞬間、物事は通常に戻ります。 私たちが政府の一員であるとき、私たちは国に神の栄光を引き付け、物事は苦労することなく適切な場所に置かれます。

 

KYOUTUBEで毎日のPRAYERGUIDEテレビを見る
NOW SUBSCRIBE

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.