詩編100意味詩句

0
11057

今日は詩篇100篇を扱います。 詩篇100は、神を賛美することに重きを置いている聖書の多くの詩篇のXNUMXつです。 人間として、私たちは 電力 賞賛の。 ダビデ王と神との関係についてのすべては、神が本当に賛美を愛しておられることを私たちに知らせます。 ダビデ王は、彼がイスリアルの偉大な王であったからではなく、賛美の心を理解し、神を賛美することを決して容赦しなかったので、神の心の後に人と見なされました。

私たち信者も賛美の精神を吸収しなければなりません。 神は神であり、神だけが私たちの賞賛に値します。 詩篇100の本を、その意味を一節ずつ強調してみましょう。

主に喜びの叫びをあげなさい、あなたが着陸するすべて! 喜んで主に仕えなさい。 歌いながら彼の前に来なさい。

最初の詩は、あなたが着陸するすべての主に楽しい音を立てると言います。 この文脈での土地という言葉は、地面を意味するものではありません。 聖書の翻訳の中には、土地の代わりに地球、人、国を使用しているものがあります。 ここでの土地という言葉は、作物の植え付けや動物の飼育に使用される物理的な地面以上のものを意味することを知っておくことが重要です。 この文脈での土地とは、人々と国全体を意味します。

国民全体がどのようにして主に喜ばしい音を立てることができるでしょうか。 それは、神が私たちに、全世代の人々が神が最も偉大であるという認識に達することを確実にする責任を与えてくださったからです。 の本の経典 マシュー28:19-20 ですから、行って、すべての国の弟子を作り、父と子と聖霊の名によって彼らにバプテスマを授けてください。 私があなたに命じたすべてのことを観察するように彼らに教えます。 そして、見よ、私はいつもあなたと一緒にいる、 さらに 時代の終わりまで。」 アーメン。

私たちはすべての国の弟子を作る責任を与えられています。 私たちには、彼らをキリストに連れて行くという任務があります。 イエスは私が来るまで弟子たちが支配すると言われました。 私たちは、高い領域で活動する能力を与えられています。 私たちが人々に神について教えるとき、暗闇は土地から追い出され、人々の会衆全体が罪と死の堕落から彼らを救った主に喜びの音を立てることができます。

主の喜びに仕え、歌いながら主の前に来なさい。 神を賛美するという私たちの義務において、私たちの心に喜びをもって歌い、神の宮廷に来なければなりません。



主よ、彼は神であることを知ってください。
私たちを作ったのは彼であり、私たち自身ではありません。
私たちは彼の民であり、彼の牧草地の羊です。

これはまた、神について人々に教え、訓練する場所でもあります。 主よ、彼は神であることを私たちは知らなければなりません。 神は私たちを作った人であり、私たち自身ではありません。 私たちが人生で持っているものはすべて主からのものです。 私たちは何も所有していません。 聖書は、すべての良いものは主から来ることを私たちに理解させます。

私たちがこれを理解するとき、それは私たちが私たちの心のプライドの精神を克服するのに役立ちます。 私たちが持っているものはすべて神から与えられていることを理解します。 そして、私たちは人類を祝福することによって神に仕えなければなりません。 XNUMX番目の節は、私たちが彼の民であり、私たちが彼の牧草地の羊であると述べています。 キリストは羊飼いであり、私たちは羊です。 これは、私たちが知らなくても、神が私たちを見守っておられることを表しています。 

彼は羊飼いであり、私たちは彼の羊です。 彼は私たちの面倒を見て、私たちの近くに害がないことを確認します。 神は私たちを羊の真ん中に入るかもしれない生命の狼から彼らをむさぼり食うために守ってくださいます。 神の恵みは十分であり、神の保護は常に私たちの上にあります。 これは、私たちが神を賛美しなければならない理由をさらに説明しています。神は、羊が行方不明にならないようにする偉大な羊飼いだからです。 

感謝をもって彼の門に入る、
そして賛美をもって彼の宮廷に。
彼に感謝し、彼の名を祝福してください。
主は良いからです。
彼の憐れみは永遠です、
そして彼の真理はすべての世代に耐えます。

聖書は、嘆願の祈りと感謝祭を通してあなたの要求を彼に知らせる以外に何も心配しないと言っています。 神はご自分の民の賛美に感謝します。 神が私たちのためにしてくださった特定のことを神に感謝するとき、それはもっと多くのことをするための扉を開きます。 私たちが主の前にいるとき、私たちは心配するべきではありません。 神の臨在の中で心配することは、神が何よりも状況にあるという私たちの信仰の欠如を示しているだけです。 

KYOUTUBEで毎日のPRAYERGUIDEテレビを見る
NOW SUBSCRIBE

聖書は、感謝をもって彼の門に入り、賛美をもって彼の宮廷に入ると言っています。 私たちが神の前にいるとき、他に何も重要ではありません。 私たちはすべてが作られる創造の源にいるからです。 次の節は、主に感謝し、彼の名前を祝福すると述べています。 私たちは、主がすることだけでなく、主がしたことに対しても、常に主に感謝するよう努めなければなりません。 主は善良であり、彼の憐れみは永遠であり、彼の真実は世代から世代へとあります。 


強力な祈りの本 
by イケチュクウ牧師。 
今すぐ利用可能 アマゾン 


主の憐れみは永遠です。 主の憐れみは神と人との間の契約です。 神がアブラハム、イサク、ヤコブと契約を結んだとき、神は彼の契約の真正さをイスラエルの子供たちに広げました。 神が約束をされるとき、神は間違いなくそれを成就します。 聖書は、神は嘘をつく人ではなく、悔い改める人の子でもないことを私たちに理解させます。 彼は彼の名前を超えて彼の言葉脂肪を尊重します。 

神は嘘をつく人ではなく、悔い改める人の子でもないので、私たちは神を賛美しなければなりません。 私たちは彼の恵みと憐れみに感謝し、彼の牧草地で人間と羊として私たちを支持しなければなりません。 神の名は常に称賛されます。 

 

KYOUTUBEで毎日のPRAYERGUIDEテレビを見る
NOW SUBSCRIBE
前の記事私たちが誘惑を経験する5つの理由
次条詩編78意味詩句
私の名前はイケチュク・チネダム牧師です。私はこの終わりの日の神の動きに情熱を傾ける神の人です。 私は、聖霊の力を明らかにするために、神がすべての信者に奇妙な恵みの順序で力を与えられたと信じています. 私はクリスチャンが悪魔に抑圧されるべきではないと信じています。 詳しい情報やカウンセリングについては、everydayprayerguide@gmail.com までご連絡いただくか、+2347032533703 の WhatsApp And Telegram でチャットしてください。 また、Telegram の強力な 24 時間祈りグループに参加するようにあなたを招待したいと思います。 このリンクをクリックして今すぐ参加するには、https://t.me/joinchat/RPiiPhlAYaXzRRscZ6vTXQ . 神のお恵みがありますように。

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.