詩篇150篇から学ぶ教訓

0
10303

今日、私たちは詩篇150から学ぶレッスンを教えます。詩篇150は、聖書にある数多くの詩篇の中で、神を賛美することの有効性と、なぜ神を賛美すべきかについて具体的に教えています。 ダビデ王は、賛美の効能とその使い方を理解していたので、神の心を追い求める人と見なされています。 不思議なことではありませんが、ダビデが神の臨在から離れるたびに、神はいつも迅速にダビデを赦しました。

神が人間との間に存在するタイプの関係を初めて証明するのは、アブラハムの時代でした。 Isaiah 41:8
「しかし、イスラエルよ、あなたはわたしのしもべです。
私が選んだジェイコブ、
アブラハムの子孫私の友人。 アブラハムの主への信仰は、彼に神の称号の友を与えます。 そして神は、友人のアブラハムに言わずには何もしないと言われました。 神と完全な関係を築いた次の人はダビデ王でした。 神がダビデを彼の心にちなんで人と名付けられた理由の一つは、神への彼の容赦ない賛美のためです。

神は人間の賛美を大事にされます。 私たちは神を賛美することの重要性について教えられてきました。 しかし、神を賛美することが重要である理由を知っている人はごくわずかです。 詩篇150編は、なぜ私たちが神を賛美しなければならないのかを戦略的に説明しています。

詩篇150主をたたえよ!
神の聖域で神を賛美しなさい。
彼の強大な大空で彼を賛美しなさい彼の強大な行為のために彼を賛美しなさい。
彼の優れた偉大さに従って彼を賛美しなさい! ラッパの音で彼を賛美しなさい。
リュートとハープで彼を賛美します。ティンブレルとダンスで彼を賛美します。
弦楽器とフルートで彼を賛美します! 大きなシンバルで彼を賛美します。
衝突するシンバルで彼を賛美しなさい! 息をのむすべてのものが主をほめたたえましょう。
主を賛美!

詩篇150篇から選ぶことができるすばらしい教訓として神を賛美すべき理由を強調しましょう。

なぜ神を賛美すべきなのか


私たちは神が誰であるかを理由に神を賛美します

神は全能者です。 主を怖がらせるものは何もありません。主はだれにも脅かされることはありません。 彼は神です。 聖書は、神が天と地を創造され、地球を彼の足台にしたことを理解させました。 これは、神が最も偉大であることを意味します。 彼は最も 強力な、すべての強力な神。

また、彼が彼のイメージで私たちを創造したという事実は、私たちが賞賛することを適切にします。 地球と創造されたすべてのものを支配するかもしれないという私たちのイメージの中に人を作りましょう。 私たちの存在の目的は、作成されたすべてのものを支配することです。 神が私たちをその立場に置いて、創造されたすべてのものを監督するのであれば、私たちにできることは、神の威厳と素晴らしさを称賛することです。

ですから、私たちが神を賛美する理由の一つは、神が誰であるかということです。 彼は神々の神であり、すべての王の王です。 世界の支配者。 私たちが世界の支配者に払う尊敬と忠誠は、私たちが神に与えるべきものと比較して何もありません。

私たちは神が住んでいる場所について神を賛美します

詩篇150編は、なぜ私たちが神をスタイリッシュに賛美すべきかを説明しています。 聖書のXNUMX番目の節は次のように述べています 神の聖域で神を賛美しなさい。 神は聖域に住んでおられます。 ここの聖域は、私たちが礼拝に行く物理的な建物を意味するものではありません。 これは、神の臨在が聖域に住んでいるという事実に異議を唱えるものではありません。 しかし、神は物理的な聖域を超えた他の場所に住んでおられます。

聖書は私たちの体は主の神殿であると言っています。 ここの寺院は聖域も意味します。 神は聖域に住んでおられ、詩篇は私たちが神の聖域で神を賛美すべきであると述べています。 彼は彼の民の前に住んでいます。 これは、私たちが神とコミュニケーションをとる前に、教会や物理的な聖域に行く必要がないことを意味します。 私たちの家の快適さからでも、私たちは深い崇拝を神にまで広げることができます。


神が私たちを崇拝の道具にしてくださったので、私たちは神を賛美します

弦楽器とフルートで彼を賛美します! 大きなシンバルで彼を賛美します。
衝突するシンバルで彼を賛美しなさい! 息をのむすべてのものが主をほめたたえましょう。 主をたたえよ! 先に説明したように、私たちの創造の本質は、神に仕え、神を崇拝することです。 神は私たちに友情以上のものを望んでおられ、神は私たちにコイノニアを要求されました。それが私たちを礼拝の道具にした理由です。

これは、ダビデ王の人生が不可欠な役割を果たした場所です。 ダビデは、神をよく賛美する方法を知っているミュージシャンでした。 デビッドが賞賛しているときは、他に何も問題はありません。 彼は文字通り自分のアイデンティティを忘れ、庶民のように神を賛美しました。 契約の箱がイスラエルに戻されたとき、ダビデは主に向かって踊りました。 彼の妻は心の中で彼を軽蔑し、彼女はそれをひどく後悔しました。

私たちの存在の本質は、神を賛美することです。

私たちは神との親密さを築くことを賞賛します

私たちの神への賛美と礼拝は、神との持続可能な関係を築くのに役立ちます。 アブラハムは彼の信仰の行為によって神の心の中で完璧な場所を獲得しましたが、ダビデは彼の賛美の行為によって神の中心の場所を獲得しました。

私たちが神を賛美するとき、私たちは神との持続可能な関係を築きます。 賛美は神を動かし、私たちが神を呼び求めるときに私たちを認識させます。

KYOUTUBEで毎日のPRAYERGUIDEテレビを見る
NOW SUBSCRIBE

結論


詩篇150篇は私たちに神を賛美することの本質を教えています。 私たちは礼拝の道具であり、常に神を賛美するよう努めなければなりません。 神だけが神であり、神だけが私たちの賛美と崇拝に値します。

私たちは神の聖さの美しさで神を賛美しなければなりません。


KYOUTUBEで毎日のPRAYERGUIDEテレビを見る
NOW SUBSCRIBE
前の記事詩篇5篇を20回使える
次条詩篇51の意味
私の名前はイケチュク・チネダム牧師です。私はこの終わりの日の神の動きに情熱を傾ける神の人です。 私は、聖霊の力を明らかにするために、神がすべての信者に奇妙な恵みの順序で力を与えられたと信じています. 私はクリスチャンが悪魔に抑圧されるべきではないと信じています。 詳しい情報やカウンセリングについては、everydayprayerguide@gmail.com までご連絡いただくか、+2347032533703 の WhatsApp And Telegram でチャットしてください。 また、Telegram の強力な 24 時間祈りグループに参加するようにあなたを招待したいと思います。 このリンクをクリックして今すぐ参加するには、https://t.me/joinchat/RPiiPhlAYaXzRRscZ6vTXQ . 神のお恵みがありますように。

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.