神が私たちに祈ってほしいと願う7つの理由

0
9921

今日、私たちは神が私たちに祈ってほしいと願っている7つの理由について自分自身を教えます。 祈りは人と神との間のコミュニケーションチャネルです。 私たちが神に祈るとき、私たちはまた、神が祈りを通して私たちに語られるのを聞くことができます。 しかし、多くの場合、ほとんどの信者は怠惰な祈りの習慣に陥ります。 ほとんどの信者はそれを非常に見つけます 難しい 他の人が祈りの代わりに自分自身を維持する能力を持っていない間に祈ること。

聖書は1の本で述べています テサロニケ5:17は止まることなく祈っています。 神は私たちが失神したり疲れたりすることなく絶えず祈ることを望んでおられます。 神が私たちに祈ってほしいと願っておられる理由を理解するとき、それは私たちの祈りの生活を強め、私たちをより良い信者にするでしょう。

神が私たちに祈ってほしい理由

彼との交わりのために


Ikechukwu牧師による新しい本。 
アマゾンで今利用可能

私たちの存在または創造の本質は、私たちが父と交わりを持つことです。 神は人間との持続可能な関係を築きたいと願っておられます。そのため、神は天使のイメージや似姿ではなく、ご自身の人間を創造されました。

神は人を通して表現を見つけ、神はご自身を見抜いておられます。そのため、神は私たちが常に神に近づくことを望んでおられます。 神がアダムを創造された創世記の中で、神がアダムと会話するために夕方の涼しい日に降りてくると書かれていることを思い出してください。 その交わりは神がとても望んでおられることであり、それが私たちが神によって創造された説得力のある理由の一つです。

神は私たちにいつも彼の言うことを聞いてほしいと願っておられます

神の霊はいつも語っています。 しかし、神の霊と一致するためには、信者としての私たちの意識的な努力が必要です。 私たちが祈りを通して神と一致しているとき、神は聖霊を通していつも私たちとコミュニケーションを取ります。

聖霊は慰め者であり、人の心にある敬虔な性質です。 それは私たちに教え、来るべきことについて私たちを導きます。 いつも神様とコミュニケーションをとっていれば、人生の悲劇に負けてしまうことはありません。 神は、いつでもコミュニケーションできる世代の信者を望んでおられます。

神は私たちを司祭の国にしたいのです

神は私たちをメルキゼデクの順番で司祭にしたいと願っておられます。 の本の中で エクソダス16:6 そして、あなたはわたしにとって祭司の王国と聖なる国となるであろう。」 これら   あなたがイスラエルの人々に語る言葉。」 これは、神がイスリアルの子供たちを捕われの身から解放したかった時でした。 神は彼らが祭司の王国になることを望んでおられます。 神のことのために自分の人生を奉献した人々。

同様に、キリストの血による罪の力からの私たちの救いと贖いは、私たちをキリストのようにすることでした。 イエス・キリストは司祭です。 地上で君臨した最高の神権はキリスト・イエスでした。 私たちが頻繁に神に祈るとき、私たちは祈りの中でも他の人のために執り成しをする傾向があります。 私たちは司祭の国になります。

主の天使を動かすために

私たちが一貫して祈るとき、私たちの状況に注意を向けるために天使を動かすことは神を悩ませます。 預言者ダニエルが特定のことを神に祈っていたときのダニエル書を思い出してください。 神はダニエルに彼の祈りに答えを与えるために行くために天使を送りました。 しかし、ペルシャの王子は天使を押さえつけ、ダニエルは彼の答えを受け取りませんでした。

ダニエル10:13 しかし、ペルシャ王国の王子は私にXNUMX日間耐えました。 見よ、首長の一人であるミカエルが私を助けに来た。私はペルシャの王たちと一緒にそこに一人で残されていたからである。 ダニエルは、神が別の天使を送って、ダニエルを運んでいた天使を解放するまで、祈りを止めませんでした。 一貫して祈るとき、神は私たちに有利に働くように天使たちを動かすように触れられます。

祈りはトラブルの日々の中で私たちの盾とバックラーとして機能します

神が私たちに一貫して祈ってほしいと願っておられるもう一つの理由は、私たちが困っているとき、私たちがうまく祈る能力を失う傾向があることを神が理解しているからです。 しかし、私たちが人生の土台で水をやった長年の祈りは、トラブルの時代に私たちのために語り始めます。

祈りは、困難な日々に私たちを守る盾と座盾になります。 他人の命を奪ったトラブルからどうやって救われたのかさえ理解できないこともあります。 私たちが過去に投資してきた祈りの年が、私たちの現在の生活に役立っています。

神は私たちに対する彼の契約を覚えておきたい

神が人との契約を忘れることがあるということは、驚くことでしょう。 さて、神は人の生涯にわたる彼の契約を忘れません。 しかし、ほとんどの場合、神は人が助けを求めて神に叫ぶことを望んでおられます。

イスラエル人の場合はそうだった。 何年もの間、彼らは奴隷制の有毒に溺れ、彼らには助けが来ないようでした。 一方、神は彼らの先祖であるアブラハム、イサク、ヤコブと契約を結ばれました。 残念ながら、その契約にもかかわらず、イスリアルの子供たちは奇妙な土地で奴隷制の連鎖に苦しんでいました。

その日まで、彼らは助けを求めて神に叫びました。 エクソダス6:5 また、エジプト人が束縛しているイスラエルの人々のうめき声を聞いて、わたしの契約を思い出しました。 私たちが祈りの中で神にうめき声を上げるとき、神は私たちに対する神の契約を覚えており、その契約を履行します。

神は私たちが地球を征服することを望んでおられます

創世記1:26すると、神はこう言われました。 彼らに海の魚、空中の鳥、牛、地球全体、そして地球上を這うすべての這うものを支配させなさい。」 人に対する神の意図は、彼が地球を支配することです。

しかし、人は罪が忍び込んだ後、自分の場所を失いました。人は、祈りがないとき、地球を征服することはできません。 敵の誘惑は彼を再び倒すでしょう。 しかし、彼が熱心に祈るとき、神は彼が敵の誘惑に打ち勝つのを助けてくださいます。

KYOUTUBEで毎日のPRAYERGUIDEテレビを見る
NOW SUBSCRIBE

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.